Particlight業務日誌

福岡ではたらくIT、作曲、デザイン系フリーランスParticlightの業務日誌です。業務に無関係な内容が多いです。

フリーランスParticlightの業務日誌です。業務に無関係な内容が多いです。

ROMが文化を滅ぼす

リチャード・ストールマンだったか誰かが来日講演した際、講演中の(他の聴講者たちの前での)質問タイムには誰も質問しないのに、講演終了後には列をなして質問しに来るのに腹を立てたという話をどこかで目にしたことがある。

いわく、講演中に質問をすればそのフィードバックは講演の参加者全員になされるが、講演後であればフィードバックは質問した当事者にしかなされない。同じことをしてフィードバックを最大化するのはITの最大の特長であり特権である。コンピューターサイエンスの権威が気にするのはもっともである。

この、人前で質問するのが恥ずかしいという感覚は日本に多い傾向だという。私も恥ずかしいタチなのでよくわかる。

似たようなものにインターネットでの『ROM』がある。ROMとは、Read Only Memberの頭字語(アクロニム)で、主にネット上で発言をせずに他の人の発言を読むだけの人のことを指す。

ROMの多いコミュニティーは厄介である。問題のある発言をする人が多いコミュニティーも厄介だが、そういう場合は最悪問題のあるメンバーを出入り禁止にすれば(直接的には)いい話だが、ROMはそうもいかない。ROM禁止なんてフレーズを掲げていたウェブサイトを1990年代や2000年代にはたまに見かけたが、あれも効力があるものではないので実際に問題を解決することはないし、そもそもROMは別に積極的に悪いことではないので規制するのもいささか変な話である。

しかし、発信を続けている側から見れば、ROMに対する心証が悪いのは確かである。ずっとROMばかりされていると、自分はコンテンツ生成機じゃないっつーのという感覚に襲われ、やる瀬なくなることがある。ブログのように情報の発信を主とするコンテンツならそのような感覚にはならないが、チャットルームやSNSのように誰でも気軽に書き込めるコンテンツなどではROMが多いと切なくなることも多いであろう。

これに近い話で、pixivの投稿をいつも待っているような自分の好きな絵師がいたけれど、その絵師が誰からも感想を得られなかったためにモチベーションが下がり、活動をやめてしまったなんて話も聞く。これもROMの悪い例と言えよう。後から残念がっても遅いのである。

やはり拙くてもいいからまずは発信するのが大事であり、自分の発言がノイズになるとかいう心配はそのあとにした方がよさそうである。『巨人の肩に乗る』のが文化発展の基本であるように。

 

 

99人の壁化するウェブ

フジテレビに『99人の壁』という人気クイズ番組がある。

www.fujitv.co.jp

1人の挑戦者が自分の得意ジャンルのクイズに挑み、同じ問題を99人も答えるという内容だ。挑戦者は99人より速く正確に答えなければ勝ちにならない。いかに自分の得意なジャンルの問題が出題されるとは言え99人と対決するのはなかなかむずかしいらしく、5回99人に勝利することで得られる賞金を手にした者はとても少ない。

 

ひとりの挑戦者に対して大勢がブロックするというこの構図、どこかで観たことがあると思ったら、最近のSNSを主とするウェブの構図に似ている。

 

誰かが何かを書いたらその他大勢がその事実関係をチェックし、間違えているとやり玉に挙げられる。事実を間違えていて指摘されるならまだしも、枝葉末節をあげつらわれることも少なくない。

 

また、指摘する側が基本負け知らずなのでますます増長し、標的を探し求める。

 

この状況が続くことで、最初に意見する者は萎縮し、その数を減らす。あるいは萎縮することのない――悪い言葉を使えば無思慮な――者の意見が増えていく。

 

思慮深いファーストペンギンがいなくなった後のウェブは刹那的な内容に溢れたものになるだろう。ウェブ上のナレッジはストック型が多い方が有益だと思うが、99人の壁化がすすめばフロー型の情報ばかりがますます増大していくばかりだろう。それは好ましくない状況だと個人的には思う。

HHKBの静音化をした その2

前回はOリングを入れて静音化した。今回はシリコンスプレーの塗布と防振マットの装着である。

といっても特に大したことはしていない。キートップを外して、露出した軸にシリコンスプレーを塗布するだけである。僕の場合、シリコンスプレーをキムワイプに吹きつけてから軸の周りを拭くように塗布した。綿棒も用意したけど使わなかった。

効果のほどは、多少は軸とキートップの擦過音が減ったかな、といった感じである。

f:id:Particlight:20191022144025j:plain

防振マットについては、Amazonにそれ専用のマットが売られていたので買ってみた。打鍵感が高級になった気がする。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BMWGZWM/

 

f:id:Particlight:20191022144435j:plain

こういう厚さ2~3mmのマット

f:id:Particlight:20191022144519j:plain

裏はシールになってるんだけど、べったりシールをつけるのがイヤだったので僕は小さいシールで接着した。

f:id:Particlight:20191022144642j:plain

ついてにキートップも変えてみた。右ShiftをCtrlに変更してるので、左Ctrlと同じく赤にした。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HC2W0FC/

HHKBの静音化をした

先日購入したHappy Haking Keyboard(HHKB)だが、打鍵音がプラスチックな感じで少し気になるので、静音化してみた。

静音化作業内容自体はネットに色々アップされているので、下記サイトなどを参考にしていただきたい。

catcherweb.com

作業場気をつけなければいけない点はふたつ。

ひとつは、基板を取り外す際に基板を上下逆の状態で取り外さないこと。僕はこれをやってラバーカップがいくつかずれてしまった。

もうひとつは、Oリングを取り付けて、キーボードを元に組み上げる前に、試し打ちをしておかしな部分がないかちゃんと確認すること。僕はエンターキーが正しく打鍵できない状態のまま、まーいけるだろと組み付けて、動作確認してみたら正しく動作せず、結局また分解して組み立て直す羽目になった。

 

苦労の甲斐あって、改造後はとても静かになったし、安っぽい打鍵音が高級な感じになった。次はシリコンスプレー塗布と、防振マット取り付けをしてみよう。

f:id:Particlight:20191019134938j:plain

f:id:Particlight:20191019134956j:plain

f:id:Particlight:20191019135015j:plain

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BMWGZWM/

デバイスのディスプレイをグレースケールにして一週間過ごした結果

数か月前にNHKで、スマホ中毒について特集されている番組をみた。いわく、メールやメッセージなどのプッシュ通知の来る都度スマホを見るようなスマホに「使われる」使い方でなく、自分の意志でスマホを使うようにしなさい、プッシュ通知の来るたびにスマホを見るのはパブロフの犬と同じである、夜寝る前にスマホを使うのはやめなさいなど色々と忠告があったが、その中に「スマホの画面が発する光はもとより、画面のきつい色使いが脳の興奮をもたらすとの説があった。

日頃脳への負担を軽くしたいと思っている僕はそこで、だったら画面をモノクロにすれば多少は脳の興奮を抑えられるのではないかと思い、スマホとパソコンの表示をカラーからモノクロ(グレースケール)に変更して過ごしてみた。

 スマホ(iPhone)では、ホームボタンを3回押すとモノクロ←→カラーと変更するように設定し、パソコンはグレースケール表示固定にした。

まず、当初の目論見だった脳の興奮を減らす効果だが、これはあったような気がする。なんとなくまったりと暮らせる。今まで、地方都市の国道沿いの看板のような本当にどぎつい色使いを常に見て生きていてんだなと思うに十分の違いだった。

f:id:Particlight:20191012133226p:plain

上記は僕のブログをスマホで見た状態だ。これをグレースケール表示にすると以下のようになる。

f:id:Particlight:20191012133605p:plain

もともとカラー要素が少ないので違いがわかりにくいが、グレースケールだとなんとなく安心できるような気がするのは気のせいだろうか。

表示をモノクロにしたデメリットももちろんある。大方の予想通り、色に意味のあるユーザーインターフェースで意味を十全に受け取れなくなる点である。

f:id:Particlight:20191012134021j:plain

これは某フリマアプリで発送した商品がどのようなステイタスであるかを示す画面である。上記の場合、商品を出荷したばかりな状態であるとわかる。これをモノクロで見るとどうなるだろうか。

f:id:Particlight:20191012134320p:plain

このようにステイタスがまったくわからなくなる。蛇足だが、このアプリは常にやれ予算が大きいだの開発手法が素晴らしいだの喧伝してる割には、色弱どころか色盲にも対応していないのがなんだかなぁである。

 

結局、上記アプリのように、モノクロでの使用を想定していないユーザーインターフェースが多すぎて、モノクロ画面で生活するのはかなり困難なため、一週間程度で表示は元のカラーに戻してしまった。ユーザーインターフェイス設計担当各位におかれては、グレースケールでも使用できるように設計を再考していただきたい。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!